Blog

ブログ

チョレギサラダって偉大(PN:チョレギサラダ愛好家)

2019.07.30

社員の日常

どうも!チョレギサラダ愛好家です!

突然ですが、
「あー、なんで今日に限って。。。」とか
「日ごろから準備してたらよかった。。。」とか
そう思うことはないでしょうか。

おそらく誰もが思うシーンだと思います。

だって「備えあれば憂いなし」ってことわざがあるくらいなので。

また、そう感じるときは大抵油断しているときかと思います。

「まさか、そんなこと起きないだろう」とか、
もし起きたとしても、「さすがに2回目は起きないだろう」とか

そういうときに限って、思ってもないことが起きるものです。

そう考えると、無駄なものってないんだなと最近思います。

話は変わりますが、最近ダイエットをはじめました。
(健康診断で【太りすぎ】と烙印を押されたので。。。)

そのため、お昼にサラダを食べるようにしています。

私は某コンビニ(Fマート)のチョレギサラダをよく食べています。
(ヘルシーかどうかは知りません。ただ野菜食ってたら痩せるやろう精神です。)

チョレギサラダおいしいんですよね。特にあの塩だれのドレッシングが。。。

食べる前の準備ですが

  1. まず今日もおいしく頂きますという思いで、まず海苔をかけます。
  2. 君が味の決め手だよという思いで、ドレッシングをまんべんなくかけます。

だけの簡単なものです。

早い人なら10秒ほどで終わります。

私もその準備に取り掛かるわけです。

まあ、海苔は簡単にかけれるわけです。
ただ肝心のドレッシングが開かない。

袋にはマジックカットと書いてるわけです。
つまりどこからでも簡単に開くと。。。

確かに、マジックカットの部分は簡単に切れるわけでして。

重要なのはそこから先。。。

そう!袋のつなぎ目!
ここで止まるわけです。

そんな時に限って、【奴】がないんです。

そうこれ、はさみ。

現場なので、歯をつかって開けるわけにもいかず、泣く泣くドレッシングなしで
食べるチョレギサラダ。。。

もはやただの海藻とレタスです。
そこにうまみ成分は皆無です。

その瞬間、私の感情は「おいしいものを食べる」から
「ただ胃にものを詰める作業」になるわけです。

はさみさえ持っていれば。

これほどはさみを恋しく思った日はありません。

ただ、私の中には別の感情も生まれるわけです。

「今日だけの我慢だ」と。。。

次の日は何事もなく、おいしく食べれるだろう。

そう思い、次の日もチョレギサラダを買うわけです。

また今日も開かないわけです。
そしてはさみはないのです。

「おまえ昨日もやったやんか」
「準備しとけよ」

そう思ってももう遅いわけです。

泣く泣く、今日も味のないチョレギサラダ。

改めて準備の大切さを知るわけです。

しかし早々変われないのが人間です。

次の日も忘れるのです。はさみ。

そして開かないチョレギサラダ。。。。

「二度あること三度ある」

よくできたことわざですね。

ただこんな言葉もあります。

「三度目の正直」

ちょっと昨日より踏み込んだ力を入れると開くわけです。

チョレギサラダから教えてもらったことを、仕事へも生かしていこうと
プラスに考える私でした。