Blog

ブログ

上から目線(35歳、社員N)

2016.06.09

社員の日常

先日、学生時代の旧友に会いました。
友達になってからずいぶん経ってます。
「こんな長い付き合いになると思わなかったね」と言いながら、
懐かしい気持ちになって楽しく話をしました。
ただ、一つショックなことがありました。
友人がずいぶん「上から目線」になっていたのです。
ひとことで言うと「えらそう」でした。
仕事をするうちに、そのようになってしまったのかな…
“立場”というものがあるからかもしれない、と思いましたが、
何と切り出していいか分からず、言えないまま帰ってきてしまいました。
久しぶりに会ったおかげで以前との違いに気づけたのかもしれませんが、
同じような印象を受ける人がいるかもしれません。
「伝えようか?でも指摘されたらイヤかな?」とモヤモヤ考えていて、
ふと「私もそう思われてるかもしれない」と思いました。
自分では気づかないけど、
久しぶりに会った人が気づける「ちょっと残念なところ」が
私にもあるかもしれません。
「そういうの言い合えるから、友達なんじゃないの?」
「面倒な人だな~と思うなら、付き合いやめればいいじゃん」
と思ったので、
今度また会って話してみようと思います。
年を取ると、
こうやって「頑固おやじ」みたいになっていくのかな~、と
ちょっと思いました(笑)
ことわざにありますが、
「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
…これやな!!と思います。
年を取った分、物を知っていて、謙虚で落ち着いた人の方がかっこいいですよね。
そうなりたいものです。