【先輩社員の声】自分が何をしたいか、を大事にしてくれる社風です。

ソフトウェア開発課
システムエンジニア


Q. 今の仕事内容を教えてください。また、社内でのこれまでのキャリアを教えてください。

A. 現在私が携わっているのは、企業が扱う顧客情報の登録や更新といった業務を効率的に行うための、進捗管理システムの開発です。これまで紙ベースで行われていた業務をシステム化し、現在どの工程まで業務が進んでいるかを「見える化」する仕事です。
私は入社1年目ですが、既に直接システムに触れてプログラミングを行っています。自分が書いたプログラムが正常に動作するかのテストや、不具合を発見した際にその原因を特定するなど、現在は自分の力でできることを増やすべく、少しずつ新たな業務に挑戦する日々です。

C.T.L.ひとくちメモ
【入社1年目からモノ作りを経験します。】
プログラミングやシステム開発は未経験者にはハードルが高く感じます。だからこそ、入社1年目からみっちりプログラミングを経験しモノ作りの楽しさを感じてもらいます。

Q. 会社の雰囲気や社風はどんな感じですか?また、同僚や社員はどんな人たちですか?

A. 「自分がどうなっていきたいか」、「何をしたいか」を大事にしてくれる社風です。入社後も面談や何気ない場で「何がしたい?」と問いかけられることがあり、私が「こういうことがやってみたい」と伝えると、すぐにその機会を得られるよう考え、挑戦させようとしてくれました。そのおかげで、今、自分は何ができて、次はどういったことに挑戦したいか考える機会が増えました。そして教えてもらったことを自分で考え行動に移すことができるようになりました。そういった小さなステップアップにも自分で気づくことができ、少しずつ自信を積み重ねて仕事に取り組むことができるようになりました。

Q. C.T.L.での仕事で一番嬉しかったエピソードや、自分が成長したと感じたお仕事の内容を教えてください。

A. 発生した不具合に対して自分で原因を調べて修正し、初めて自力でプログラムを完成させたことです。簡易なものではありましたが、配属当初は何もわからなかった私が自力でここまでやり遂げたという実感がこみ上げ、とても嬉しくなりました。
わからないことだらけで自分に今何ができるのかもあやふやだった頃に比べて、目の前で正常に動作するプログラムに自分の成長を実感することができました。そして自信につながり、次の段階へ挑戦したいという意欲にも繋がりました。

Q. 就職活動をされている就活生へ、メッセージを!

A. 私は業界や職種を特に絞らず就職活動を行っていました。そのおかげで自分の知らない仕事がたくさんあることを知り、自分にあったものを見つけ出せたと感じています。また、同業種でも企業によってその特徴は様々。できるだけ広い視野を持って自分がここだと思う企業と出会えるまで、妥協せずに頑張って欲しいです。

< Previous | Next >

気になったことはやる。
常に挑戦的な姿勢でいたい。

自分が何をしたいか、
を大事にしてくれる社風です。

社長でさえ身近な存在だと
感じられるほど、風通しは抜群。

その業種のエキスパートを
目指すことができる。

マルチなインフラエンジニアに
なりたいです!

先輩がよく相談にのってくれ、
親身に話を聞いてくれる。

いろいろな仕事に
チャレンジさせてもらえます!

常に新しい領域に踏み込むことを
実践し続けます。

Return Top