【先輩社員の声】その業種のエキスパートを目指すことができる。

イノベーションチーム
開発リーダ


Q. SE業界に就職した理由と、その中でもC.T.L.を選んだ理由を教えてください。

A. 大学時代に工学を専攻しており、ソフトウェア開発の仕事をしたいと思っていました。いろいろな企業を回ったなかでも、C.T.L.の役員の方と面接した際に、もっとも一緒に仕事がしたいと感じました。人柄に惹かれたのだと思います。

Q. 会社の雰囲気や社風はどんな感じですか?また、同僚や社員はどんな人たちですか?

A. 一言で表現するなら自由な会社です。良くも自由、悪くも自由、つまり、自分次第でどうにでもできるということ。チャレンジしたいことを伝えやすく、社員の考えを尊重してくれる風潮です。先端の技術(主にソフトウェア開発)は日々、進化・加速するため苦労の連続ですが、社員それぞれが自分の信念に従って仕事をしている、熱心な職場です。

Q. 今の仕事のやりがいを教えてください。

A. 受託開発を主とするため、システム開発を通して様々な業種を経験できることがメリットではないでしょうか。自身の目標を決めかねている人には、これだという仕事を見つけるチャンスがあり、また定まっている人には、その業種のエキスパートを目指すことが可能かと思います。案件を重ねるごとにその業種の知識が得られるため、その都度、自分の成長が感じられます。

C.T.L.ひとくちメモ
【様々な業種を経験し、自分のキャリアを模索できます。】
コンピュータ技研はシステム開発を通じて様々な業種の知識を身に着け、マルチなキャリアを積むことが出来ます。また、自身の専門性を磨き一つの業種のエキスパートを目指すことも可能です。

Q. 就職活動をされている就活生へ、メッセージを!

A. AIの進出もあり職業を選ぶことがとても難しく、そして重要になると思います。就職活動で重要視する点は人により異なるとは思いますが、自分がやりたくて、それでいてAIに置き換えられないであろう職業を最短で見つけることが重要ではないかと思います。ソフトウェア業界は毎日生み出される技術を自分のものにしていく姿勢が必要であるため、特にやりたいこともなく「ソフトウェア業界なら今後大丈夫かな」、といった安易で保守的な考えでエンジニア職に就くのはとても危険です。しかし、明確にやりたいことは決まっていないけれど、目標を定めながらソフトウェア業界を一度経験してみようといった考えは有意義かもしれません。もし弊社に入社することになりましたら、会社・先輩・後輩という雇用・主従関係ではなく、共に成長しようという気持ちで高みを目指せたら嬉しく思います。

< Previous | Next >

気になったことはやる。
常に挑戦的な姿勢でいたい。

自分が何をしたいか、
を大事にしてくれる社風です。

社長でさえ身近な存在だと
感じられるほど、風通しは抜群。

その業種のエキスパートを
目指すことができる。

マルチなインフラエンジニアに
なりたいです!

先輩がよく相談にのってくれ、
親身に話を聞いてくれる。

いろいろな仕事に
チャレンジさせてもらえます!

常に新しい領域に踏み込むことを
実践し続けます。

Return Top