社員の日常

毎日を少し便利に 使いこなそうiPhoneと体重計(PN:よく食べる踊り子)

体重が気になります。
少しでも減らしたくて調べた結果「はかるだけダイエット」というものを知りました。

毎日体重計に乗り、それを記録するだけ、という手軽なものです。
体重を意識し、また自分の体重を認識するのでダイエットにつながる、そうです。

それを知ってから、毎日体重計に乗るようにしました。
毎朝、洗面所で歯磨きするときに測ります。

食べたものの量や、運動量で、微増・微減することがわかりました。
体重に対する意識は持てるようになりました。


私は体重記録アプリを使い、毎日「体重・体脂肪率・筋肉量」を手動で記録していました。
そうして「はかるだけダイエット」を半年ほど続けて思ったことは…

「毎日、入力するの、めんどくさい」
でした。

ダイエッターとして難のある発言ですね。
「そこを頑張れよ」、「そういう意識からダイエットに繋がるんでしょ」というツッコミが聞こえてきそうです。
心にまで贅肉が付いていることを自覚しました。

ただ、やっぱり面倒なのです。
スマホを持っているのに、なぜ手動入力しないといけないのだろう…?
なぜ入力作業はアナログなの?全然スマートじゃないじゃん。

そうしたある日、神が降臨しました。
「わかった!体重計を買い換えよう、アプリと連動できる体重計にするんだ!
私はiPhoneだから【ヘルスケア】と連動できるものにしたらいいんだ!」
ユリイカ!と叫んで走り出したい気分でした。

早速購入し、連動アプリも入れました。
すると、毎日体重計に乗るだけで「体重・体脂肪率・筋肉量」がBluetooth通信でスマホに記録されるようになりました。
とっても便利です。

スマホに記録させる際はアプリを開いておく必要があるのですが、それもSiriでやるようにしました。

朝ごはんを食べて、洗い物が終わるころくらいに
「Hey Siri、Yoranda(←アプリ名称)を開いて」で、スマホを触らずにアプリを開き、
体重計に乗るだけで勝手に記録。

そう!私はこれがしたかったのです。
スマホをスマートに使いたかった!イエーイ!

毎日が少し便利になりました。

「はかるだけダイエット」は今も続けてます。
…効果?

「あんま変わらない」、「むしろ増えた」が結論です。

結局は
「運動しろ」、「食べすぎるな」ということのようです。
私自身はスマートではなかった、というオチになってしまいました…。

これからは運動を頑張ろうと思います。

Return Top