Blog

ブログ

想定外なGW (30歳、社員D)

2011.05.24

社員の日常

2011年も、早や5月を迎えました。
今年のゴールデンウィークは、多い人で10連休と超大型連休でのんびり出来た方もおられるのでは
ないでしょうか?
それ故に、皆さんこの時期特有の五月病には掛かってませんか?大丈夫ですか?
私は、5月病の気分を味わう暇すらなく、連休がフルに外出で潰れてしまいました。
外出といっても、行きたい所に遊びに行き倒した、という訳ではなく。
ただひたすら、親族・親戚の家に挨拶回りをしまくるという、何とも労力のいることをやってきました。
折角の超大型連休に、なぜそんなことをしていたのかというと。
先月、男・三十路にしてようやく結婚をすることができ、結婚式に来て頂いた私と奥さん、両方の親族、
合わせて10件のお宅訪問をこのGW中に強行することになったからです。
幸いにして10連休を取ることが出来たのですが、親族・親戚宅に1日・1件伺っても
GWの全日程が必要になるため、それだけでカツカツになってしまい、のんびりとした休暇を満喫する
ことは夢のまた夢…。
折角、夫婦になって初めての長期休暇、せめて2日だけでも、奥さんと二人でどこかデートに
行ってのんびりしたいと思っていたので、奥さんとよく話し合って訪問する順番に無駄がないように、
より効率良く回れるように作戦を立てることにしました。
作戦を練った結果、2日で全親族・親戚宅を回る予定となり、事前に訪問予定の連絡とアポを取り
付けました。
1日5件のお宅を訪問するという計画です。
そして待つこと1週間…、やってきましたゴールデン(メタル)ウィーク!!
私と奥さんの頭の中は、早々に挨拶回りを終わらせて、二人でデートする予定の思惑で頭がいっぱいです。
意気揚々と親族・親戚宅にお土産を持って挨拶に伺いました。
1件目、伺ったのが10時半ごろ。
何だかんだ積もる話に花を咲かせていると、気付けばもう12時間際。
すると親戚のおじさんが、「みんなでご飯を食べに行こう!」と提案。
私はそこで嫌な予感が走りました。
予定では、11時には、1件目を終わらせ、2件目に移動しつつ、お昼ご飯を食べて13時ころまで
時間を潰す予定だったのですが、このままおじさんとお昼ご飯を食べに行くと、1件目を出るのが
14時頃になるなぁっと直感で分かりました。
案の定、1件目を出たのが14時半。すでに3時間も予定が遅れています。
続いて2件目。やはり、久しぶりの再開に話題が尽きないのか、予定をオーバーしてしまいました。
そうです、私と奥さんの計画には、『想定外』という要因を考慮した計画(スケジュール)には
なっていなかったのです。
気が付いた時には、「時、既に遅し」。
大幅なスケジュールオーバーにはならなかったものの、全親族・親戚宅に挨拶回りをするのに3日
掛かってしまいました。
『たった、1日のオーバーでしかないのでは?』と、お思いの方。
それは、大きな誤解です。
このたった1日オーバーしてしまったということは、スケジュール作成計画に穴が有ったと言うことです。
これが日常の仕事であればどうなるでしょうか?
スケジュールが押してしまったとして、それが想定外の要因であったとしても当初のスケジュール通り
期限内に仕事を完了させなければなりません。
今回のケースでは、プライベートの話で他に影響の及ぼさなかっただけに、まだ助かった部分がありますが、
私としては、良いBAD体験となり、勉強・教訓になりました。
皆さんも、スケジュールを作成される際は、想定外を想定内に入れて計画を練ってみてください。