【先輩社員の声】気になったことはやる。常に挑戦的な姿勢でいたい。

ソフトウェア開発課
システムエンジニア


Q. SE業界に就職した理由と、その中でもC.T.L.を選んだ理由を教えてください。

A. 実は私、文系の出身なんですが、学生のときからSEの業界には興味がありました。しかし勝手ながら、IT業界は「パソコンに向かって一人黙々とやる!」といったドライなイメージをもっていました。ところがC.T.L.の選考を受けたとき「コミュニケーションをとても大事にしている」という言葉にイメージを払拭され、また、未経験の自分の可能性にも目を向けてくれたので入社を決意しました。実際に同僚や先輩社員は明るく、時には指摘をもらえるので、「コミュニケーションを大切にしている」という面接時の言葉をさらに印象付けるメンバーばかりです。

C.T.L.ひとくちメモ
【文理問わず。求められるのは、技術力×真心、思い、コミュニケーション】
システムエンジニアの仕事で求められることは技術力だけではありません。何よりも大事なのは、真心や自分の思いが通った丁寧なコミュニケーションです。

Q. C.T.LだからできたことやC.T.L.のおすすめポイントを教えてください。

A. C.T.L はIT業界において老舗にあたり、大手ベンダーとの取引も多いので、そういった方々と現場で一緒に仕事ができるのが強みです。また、現場にはパートナー会社もたくさん入っているので、他社の方々と同じ目線や目標で進める、またそれに伴うコミュニケーションができるのは貴重な経験になります。

Q. 仕事での、これからの目標は何ですか?

A. 現場のことでも会社のことでも、自分に任せてもらえることを増やしていきたいです。
「気になったことや目についたことは、とにかくやると言ってみる、そして責任をもってやってみる」。それぐらいの挑戦的な気持ちでいようと常に思っています。C.T.Lという人の集まりの将来を明るいものにしようと、日々メンバーが頑張っています。今はほんの微々たる力でも、知識と経験を積み重ね、CTLの将来に少しでも協力できるように、自分の力を大きくしていきたいと思っています。

Q. 就職活動をされている就活生へ、メッセージを!

A. どうか「ありのまま」を大切にしてください。言い換えれば、自分に、または相手にウソをつかないということ。私の場合、面接の時点で“自分の素”を出せる人がいたことが、結果仕事を楽しくしたり、不安があっても乗り越えられるきっかけになりました。「今日の面接は自分の素が出せた。」そんな感覚を持てたら、そこがあなたが入社したい会社かもしれません。

< Previous | Next >

気になったことはやる。
常に挑戦的な姿勢でいたい。

自分が何をしたいか、
を大事にしてくれる社風です。

社長でさえ身近な存在だと
感じられるほど、風通しは抜群。

その業種のエキスパートを
目指すことができる。

マルチなインフラエンジニアに
なりたいです!

先輩がよく相談にのってくれ、
親身に話を聞いてくれる。

いろいろな仕事に
チャレンジさせてもらえます!

常に新しい領域に踏み込むことを
実践し続けます。

Return Top